×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2012.9.15 〜小川山クライミング〜
くじら岩でボルダリングと藐姑射(ハコヤ)岩でトラッド

藐姑射(ハコヤ)岩
場所
長野県南佐久郡川上村


駐車場・登山口
廻り目平キャンプ場の駐車場(有料)


登山行程
0800頃/1700頃クライミング(移動も含む)


参考資料
今回のグレードは日本100岩場を参考にしました。

なぜこの山?
日帰りクライマーうりうにとっては小川山は遠いが、今回は確実に晴れそうなので行きます。

<過去の小川山の山行>
9回目(2012.8.17)レギュラー5.10c(雨天撤退)
8回目(2012.7.25)セレクション(6P, 5.9NP、2P目5.84P目5.8NP+B6P目5.9NP、など)
7回目(2012.5.6)フィン6級、など(雨天撤退)
7回目(2012.5.5)屋根岩3峰南稜レモン(5P, 5.8)
6回目(2011.10.8)セレクション(6P, 5.8)の1P目まで、タジヤンU5.10a×、など
5回目(2011.9.10)烏帽子岩左稜線(20P, 5.8)
4回目(2010.7.24-25):家族とキャンプ、穴社員3級×
3回目(2010.7.17)小川山ストーリー5.9小川山ストリート5.9、穴社員3級×、など
2回目(2009.6.7)春のもどり雪(4P, 5.7)流星めぐり1P目5.9、など
1回目(2009.5.23):兄岩、マラ岩、プーシェ岩6級、など





登山口までの移動・登山記録
今回はS君と塩川ダムで前夜泊です。
さて、廻り目平に着きました。



MさんとSさんと合流するまでは「朝練」です。
まずは「スパイヤー岩」でアップです。

一番右の「10級」を登って、「スラブ6級」が・・・





登れない。



かなりへこんだ・・・



お口直しに「くじら岩フレーク9級」をオンサイトしました。





さて、本命の「穴社員3級」です。

まだ二人で、クラッシュパッド一つで、ああでもないこうでもないとやっても、らちが明かず。

・・・で、朝練終了。(ちーん)
さてMさんとSさんと合流して、本命の藐姑射(ハコヤ)岩でのトラッドに向かいます。
これって、トポに書いてある「頭がぶつかりそうな岩」だよね。
藐姑射(ハコヤ)岩に到着。



最初は右のシンクラックのラインを登ります。
「森林浴5.8NP」はオンサイト。



ここでのアップには最適な感じです。
続いて「冬のいざない1P目5.9NP」。



登りを見ていて核心は写真の部分と上部。上部はパズル的で面白い5.9NPで、フラッシュできました。



個人的には、ボルダリングよりトラッドの方が明らかに向いていると感じた。
ジャミング技術も慣れてきたので、理想的な場所によごれがついています。
後半戦は「穴社員3級」のリベンジ。



ごらんの通りマットもたくさんあり、すんごく登れそう・・・



であったが、いろいろな登り方を試しすぎて、左ガストンまでたどり着いたが、指が痛くなって終了。

この日の結果
<ボルダリング>
スパイヤー岩10級:再登
スパイヤー岩スラブ6級:×
くじら岩フレーク9級:オンサイト
くじら岩穴社員3級:×(左ガストンまでたどりついたが・・・)
<トラッド>
森林浴5.8NP:オンサイト
冬のいざない1P目5.9NP:フラッシュ

今回登山で学んだこと
・おじさんクライマーは小手先技術の方が上手くいく

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック