×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010.7.24-25 〜小川山キャンプ・クライミング〜
家族でキャンプ、岩登りは穴社員を触っただけ

廻り目平から見る屋根岩
場所
長野県南佐久郡川上村


駐車場・登山口
廻り目平キャンプ場の駐車場(有料)


登山行程
-


参考資料
今回のグレードは「日本100岩場」を参考にしました。

なぜこの山?
前日は 富士登山競争(五合目コース)であったので岩に登りたいが、一人で行くとなにかと問題があるので、家族同伴で小川山(廻り目平キャンプ場)へ行けば問題はないでしょう。ということで、前々日に急遽キャンプグッズを借りました。

<過去の小川山の山行>
3回目(2010.7.17)小川山ストーリー5.9小川山ストリート5.9、穴社員3級×、など
2回目(2009.6.7)春のもどり雪(4P, 5.7)流星めぐり1P目5.9、など
1回目(2009.5.23):兄岩、マラ岩、プーシェ岩6級、など

<過去の家族でキャンプ>
北軽井沢スウィートグラス(2008.8.9)



登山口までの移動・登山記録
朝5時過ぎに自宅を出発し、途中で朝食を済ませ、9時少し前に川上村一番のナウいスポット「NANA'S」にやってきました。

別に急いでいる訳ではないので、ここに寄ってみましょう。
息子が何かを見つけました。



何でしょう?
ツバメの巣。
さて、少し買い物。

いい加減、乗るのをやめたら?
廻り目平キャンプ場へ着きました。



早速、荷揚げをします。



ちなみに、前回のキャンプは2008.8.9に北軽井沢スウィートグラスでやりました。
ここにテントを張ることにしました。
息子は手伝う。(つもり)
手伝う。(つもり)
テントらしくなってきた。
フライシートを固定。(しているつもり)
1時間ぐらいで完成!



西日が当たる以外は、ほぼベストポジションでしょう。
遠くから撮影。



現在(11時頃)は日陰。
昼ごはんは、NANA'Sで買ってきた「とろろそば」。



屋根岩を見ながら食べます。
川の音が聞こえるので、川へ向かう。
すぐ近くの川はあまりパッとしなかった。
そこで、少し歩いて広々とした所へ移動。



父岩を横から見る。
入ってみたら、すごく冷たい。


カキ氷を食べた感じが、脚にくる感じ。
昼過ぎから登りだすクライマーもいる。


登りたくなったので、ボルダリングに付き合うかどうか聞いたところ・・・
二人とも動く気はないので、一人で行く。





なんとなく登れそうな「穴社員3級」のあるくじら岩へ行くも・・・





ほとんど人がいない。



先週(2010.7.17)の賑わいはどこへ行った?





30分ぐらいアタックしたが、クラッシュパッドが1個しかないと、怖くて思い切ったことができなく、敗退





本当はバーベキューの後に風呂に入りたかったが、金峰山荘の風呂は19時までなので、先に入るこにする。
渡り廊下を歩き、風呂に入る。(風呂の写真なし)

息子は風呂で泳いでいたが、すぐに人でいっぱいになってしまった。
風呂上りにデッキで撮影。
さて、夕方になったので、バーベキューの支度をしましょう。
簡単に炭に火が着き、焼き始める。

最初は焼肉。
シメはやきそば。
燃えるゴミは燃やして量を減らす。
すごく雷がなりそう。



であったが、真夜中ににわか雨があっただけでした。
花火も持ってきた。
息子と虫捕りに行く。

カブトムシなどは夜に活動するらしいが、見つからなかった。
朝を迎えました。



まだ4時台ですが、一部のクライマーは活動を開始しています。
なんとなく撮った写真。
朝ごはん。

カップ麺とコーヒー。
さて、息子と写真の屋根岩へ登りますか。
途中にあったハンモック。
手元に地図などはないので、適当に登ります。

「屋根岩パノラマコース」を登る。
ここを右へ行きます。

後に見えている岩は「分岐ボルダー」で、MNP1級(まじで登れないプロブレムの略だったかな?)などがあります。
「右は岩のぼり方いがい・・・」と書いてある。

右が岩登りの人以外なので、右へ行く。
(帰りに間違いに気づく)
なんか、登山道ぽくなくなったぞ〜。



とりあえず、廻り目平を見下ろす所へは行きたい。
写真では簡単そうに見えるが、事実上ここは「スラブ」です。



木がなければ登れない。
屋根岩一峰?の下に着いた。



ここより先はクライミング用具が必要。
ここからは御覧の景色。



でも、廻り目平が見えない。
別のかすかな踏み跡?を登る。
ここからは完全な「スラブ」。



本当に「カチ持ち」で登りました。
(息子を押し上げながら)
登りきった所は一峰?の手前。
ここからの景色。



ちなみにスラブを登りきった所は断崖の上なので、息子は全く身動きはとれず。
断崖を少し進むとなんとか廻り目平が見えた。


矢印が我々のテント。


息子に「ほら、テントが見えたぞ」と言っても、それどころではない。





はっきり言って・・・

テントを見るためだけに危険を冒すなんてバカです。





クライミングは登りよりも下りの方が難しい。



息子を下ろすのにかなり苦労した。
まあ、なんとか生きて帰れそうです。


息子は「本当よかった」と喜んでもらってます。
「生きて帰れて」という意味だと思うが)
往きに通過した所。

よく読んでみると・・・

「右は岩のぼり方いがい入らないこと」。





すっごい、まぎらわしい!!





尾瀬ヶ原で見かけた葉っぱがたくさんあります。
おおきな葉っぱを手に入れて大喜び。「トトロみたい」と言っている。
この葉っぱはすぐにしおれてしまうので、妻に見せるためにダッシュで帰る。
さて、屋根岩に登ったのであるが、どこへ行ったのであろうか?
ここは一峰付近のアップであるが・・・



矢印の所だと思う。
これは前週父岩から撮った写真である・・・



矢印の所だと思う。
さて、撤収。



年に一度は家族でキャンプもいいですね。
昨晩は虫が見つからなかったが・・・


カナブンをゲット。
妻が帰りに清里の「萌木の村」へ行きたいというので、寄ることにする。

ここは八ヶ岳ロードレース(2009.10.25)で来ています。
これはジェリービーンズ。
昼ごはんはメリーゴーランドの横の「メリーゴーランドカフェ」で食べることに。
まだ、モーニングセットが食べられる時間だったので、これを昼ごはんに。

息子が「モーニングランチ」と言ったが、間違いはない。

ちなみに、これは840円で、テン泊の料金が700円。宿泊料金よりも高い食事。
広場では「バレー」の会場の設営中。

女性とかには好まれる企画でしょう。
「ペット連れ様優先席」。

今はペットが優先される時代になりました。
とりあえずメリーゴーランドに乗せます。

楽しかったキャンプでしたか?

この日の結果
<くじら岩>
穴社員3級:×

今回登山で学んだこと
・小川山はキャンプにもいい所です

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック