×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2013.8.24 〜吾妻小富士(1707m)〜
山形旅行4日目、山頂から海へ

<山形旅行(2013.8.21-24)>
8/21 月山
8/22 蔵王山
8/23 仙台ウォーク
8/24 吾妻小富士

ルートマップ
標高差:100m
累積標高差:100m
平面距離(全行程):1.0km
駐車場・登山口:福島県福島市、浄土平駐車場(無料)
標準コースタイム:-
標準コースタイム合計:-
登山時間:駐車場-駐車場。0:51、家族と
登山行程
0947駐車場-1038駐車場

なぜこの山?
山形旅行最終日の4日目となりました。天気も回復しそうなので、吾妻小富士でも寄って帰りましょう。

<過去の吾妻山付近の山行>
一切経山(2008.8.18):浄土平→一切経山→浄土平





登山口までの移動・登山記録
山形のホテルを離れ、山形蔵王IC→福島飯坂ICと車を走らせてきました。

麓から吾妻小富士が見えますね。
無料となった磐梯吾妻スカイラインを走ります。

これから登る、吾妻小富士が見えてきました。
まだ、天候が回復しきっていませんが登りましょう。
遊歩道を登ると・・・
すぐに火口が見え、記念撮影。
火口を左から。
その右。
その右。
妻は山用の格好はしていないので、ビジターセンターで待っているということで、息子と「お鉢めぐり」をする。
途中で火口を見る。
福島市側(東方面)が見えてきた。
どうもあそこが一番高い所のようだ。
はい、到着。

特に何もありません。
走ってきたスカイラインが見えます。
その右。

分かりにくいが、奥の街の囲まれた山っぽいのが福島市街。
ここから見た火口。
歩いてきた稜線。
戻ります。
晴れてきたので一切経山の全貌が現れた。
左を見る。

東吾妻山はまだ雲の中でした。
はい、到着。

アウトドアはこれでおしまいね。
妻が待っているビジターセンターへ行く。
いろいろ勉強になりました。

吾妻小富士は6000年前ぐらいに噴火したようですね。

おまけ
さらに、今後絶対に行くことがないと思われる、いわき市にある水族館にも行きました。
ここでは、海での砂遊びなどもできました。

今回登山で学んだこと
・山頂から海へ。

<山形旅行(2013.8.21-24)>
8/21 月山
8/22 蔵王山
8/23 仙台ウォーク
8/24 吾妻小富士

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック