×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2013.6.8 〜湯川クライミング〜
サイコキネシス5.10dはムズイね

サイコキネシス5.10dNP
場所
長野県南佐久郡小海町湯川


駐車場・登山口
上記の路肩(無料)


参考資料
今回のグレードは「日本100岩場」を参考にしました。


登山行程
0930/1630クライミング

なぜこの山?
時は来た!

昨年、初めて湯川に行った時に、このすごいクラックを見たところ、「落としたい」と思っていた。しかし、その時はクラック初心者であったので、とても登れる状況ではなかったので、一便も出さずに放置としていた。

そのすごいクラックは「サイコキネシス5.10dNP(今までは5.10cNP)」という名前で、やる気まんまんです。



<過去の湯川の山行>
4回目(2012.10.14)北京の秋5.10bNP、など
3回目(2012.9.22)コークスクリュー5.9NP、など
2回目(2012.8.4)北風小僧5.9NP、など
1回目(2012.7.15)デゲンナー5.8NP、など





登山口までの移動・登山記録
さいたま市から3時間程かけてやってきました。

本日は大盛況ですね。
アップは「台湾坊主5.9NP」。

5.9といえども、オンサイトトライは、どんなカムが必要が全く分からないので、非常に多く持っていく必要がある。(怖いので)

登ってみると、やっぱり5.9で、オンサイトできました。

昨年と違って、これぐらいは十分に登れる実力が着いたのは嬉しいですね。
さて、大本命の「サイコキネシス5.10dNP」です。

気合満々で、いきなり、リードフラッシュトライです。

(I君撮影)
結果は矢印の場所で、いろいろムーブ探ったが、力尽きてテンション。

その後は、御覧の場所まで上がった所でハングドックしていた所、一番下のカムが抜けた時に、恐怖心が出てきて、一旦撤退となった。

その後、トップロープで登るが、今度は指が痛くて、リードよりも悲惨な状況で登ることが出来ず。(なぜ、そこまでリードできたのか不思議なぐらい登れなかった)





まあ、最終的には、ゴボウも含めて全部触ったが、ぐだぐだで終わりました。

これを登りきるには、スポートクライミング的な勢いが必要性は感じましたが、いつかは登れそうな感じはあります。






この日の結果
台湾坊主5.9NP:オンサイト
サイコキネシス5.10dNP:×

今回登山で学んだこと
・また挑戦します。

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック