×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2012.10.14 〜湯川クライミング〜
北京の秋5.10bNPレッドポイント

北京の秋5.10bNP
場所
長野県南佐久郡小海町湯川


駐車場・登山口
上記の路肩(無料)


参考資料
今回のグレードは「日本100岩場」を参考にしました。


登山行程
1030/1630クライミング

なぜこの山?
いつものようにクラックトレの一環の湯川です。今回はフィンガージャムの入門?と言われる北京の秋に挑戦です。

<用語解説>
ジャム(ジャミング):割れ目に手や足を入れて、それを使って登る方法。
ハンドジャム:割れ目に入れるのは手。
フィンガージャム:割れ目に入れるのは指(ハンドジャムより難しい)。
NP:ナチュラルプロテクションの略。カムやナッツなどを割れ目に入れてプロテクションとし、通常のボルトプロテクションより技術が難しい。

<過去の湯川の山行>
3回目(2012.9.22)コークスクリュー5.9NP、など
2回目(2012.8.4)北風小僧5.9NP、など
1回目(2012.7.15)デゲンナー5.8NP、など





登山口までの移動・登山記録
所沢ICから3時間かけて湯川の岩場へやってきました。



今までは真っ先に登りたい課題をやって失敗していたので、今回はアップのために過去に登った「デゲンナー5.8NP」を登る(写真は仲間)。



以前に登っているので当然完登のはずが・・・



フォール!



ハンドジャムがすっぽ抜けて落ちてしまいました。(まだ下手だね)
(アップでよかったし、カムで止まった)
さて、今回のお目当ての「北京の秋5.10bNP」です(写真はうりうが張ったトップロープで登る仲間)。前に一組がおり、1時間程待たされました。その間は割れ目を探して、フィンガージャムの練習。



そして一便目・・・



完登!



意外に上手くいって、自分でもびっくりした。やっぱり、アップは大事。
最後は「フォーサイト5.10a/bNP」をトップロープで触る(写真はトップロープを張っていただいたSさん)。



登った感じは北京の秋と同じ技術であるが、写真の場所がフィンガージャムがすっぽ抜ける感じで核心部です。

この日の結果
デゲンナー5.8NP:まさかのフォール
北京の秋5.10bNP:レッドポイント(前回と合わせて計2便)
フォーサイト5.10a/bNP:トップロープ

今回登山で学んだこと
・フィンガークラックも慣れてきた。

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック