×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010.8.8 〜霧ヶ峰(1925.0m)〜
美ヶ原より移動、当日「二山目」

ルートマップ

標高差:-m
累積標高差:150m
平面距離(全行程):3.8km

登山口:車山肩(長野県諏訪市)
駐車場:上記に同じ(無料)

標準コースタイム(山と高原地図2009)
車山肩-(0:30)-車山乗越-(0:20)-車山-(0:30)-車山肩、(合計1:20)

登山時間: 車山肩-車山乗越-車山-車山肩。1:41(対標準コースタイム比:130.0%)、家族と

登山行程: 1338車山肩-1400車山乗越-1422/1442車山-1519車山肩



なぜこの山?
この週末は「岩と山」を考えていたが、岩は余りにも暑いので8/7にクライミングジムで済まし、山は家族と行くこととする。そこで、家族的にはきつい山登りよりも、涼しいところをゆるいハイキングの方が良い雰囲気だったので、家族ではいったことのない美ヶ原・霧ヶ峰二山制覇(楽勝)にでも行くことにする。

<過去の霧ヶ峰の山行>
1回目(2006.8.13) :家族で車山肩へ行っただけ





登山口までの移動・登山記録
美ヶ原をハイキングした後、ビーナスラインを走り、八島湿原駐車場に着きました。

妻と息子は寝ているので、うりう一人が八島湿原を見に行きます。
ここに入ります。
すぐに八島湿原が見渡せる場所に着きます。
八島湿原。



右奥の丘がこれから向かう霧ヶ峰最高地点の車山。
車山肩駐車場に着きました。



見えている丘を登るだけで車山に着きます。



今回は車山乗越経由で登り、帰りに見えている登山道を通ります。
車山肩には、こじゃれた店がある。
少し行ってみましょう。
八島湿原がよく見える。
これから歩く登山道。



車山乗越を越え、山頂へ向かいます。
さて、向かいます。
ここから登山道。
車山乗越に向かいます。
大草原です。
花。



めずらしく上手に撮れた。
う〜ん、きれいですね。
車山乗越を通過。

すると、白樺湖方面が見えてくる。
車山乗越から山頂を見る。
正面に見える山は蓼科山。



下には白樺湖。
さて、今回の山行の最大の登り
息子は奇妙な体勢で登る。
振り返る。
車山乗越方面を撮る。
リフトを使えば超楽勝。

息子が「楽していいな」と文句を言う。





いえいえ、楽した人は後で苦労するのですよ。



と言っても、子供には理解不能。





振り返る。



白樺湖付近が一望。
山頂に到着。

山頂にいる半分以上の人がリフト利用と思われる。
リフトを使えば、山頂までたったこれだけ。

最弱の日本百名山です。
(では、最強の日本百名山は何?)
社。
山頂付近はこんな感じ。



建物は気象レーダーらしい。
南東方面の八ヶ岳。
南方面の南アルプス。



雲の中。
息子がけん玉。


大皿をオンサイト。
中皿をレッドポイント。
レーダーの反対側で「登頂」記念撮影。

三人とも、日本百名山の制覇数が増えました。
北西方面を撮る。



奥には槍穂高連峰。
その拡大。
さて、帰ります。
花。
西方面を撮る。
ん?、奥に美ヶ原が見えるぞ。
その拡大。
全行程1時間41分で到着。

まだ15時過ぎで、渋滞もしていることだし、
のんびり帰りましょう。





・・・で





蓼科湖レジャーランドへやって来ました。
蓼科湖レジャーランド一番人気のアトラクション。
(と思われる)
水上オートバイは見たことは何回もあるが・・・

水上自転車は初めて見た。
息子がゴーカートに乗りたいというので乗る。





蓼科湖の観光案内所で「日帰り温泉で食事と休憩所があるところ」を聞いたところ・・・



東急リゾートタウン蓼科内の「鹿山の湯」と「音無の湯」を紹介されました。





最初に、東急リゾートタウン蓼科にやってきました。

レストランがどんなのがあるか見てみましょう。
「アンファミーユ」をのぞいてみましょう。





値段を見てみると・・・、なんちゃらコースうん千円・・・



高け〜よ。



ということで撤退





次に「音無の湯」にやってきました。
ここは豆腐料理がある。

これは「掬い豆腐のなんちゃら」でした。
いい加減、渋滞も解消方向へ向かう時間に出発したところ・・・

事故渋滞。
(相模湖IC付近では推定時速2km)





結局、自宅には翌1時着。(やられた)





<今回の遠征(2010.8.8)>
美ヶ原- 霧ヶ峰

今回登山で学んだこと
・丁度良いハイキング

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック