×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010.5.16 〜御岳渓谷・御岳ボルダー〜
家族でハイキング・・・にちょっとボルダリング

落ちる?
場所
東京都青梅市御岳

駐車場・登山口
御岳周辺に無料駐車場複数、今回は一番東京寄りの寒川寺駐車場にとめる。

登山行程
1100頃/1430頃ハイキング

参考資料
今回のグレードは「日本100岩場」を参考にしました。

なぜこの山?
前日の 三ツ峠に続きよく晴れたので、家族でハイキングへ行くことにする。そこで・・・御岳渓谷なんかどうだろう?。(当然、忍者返しを触るためです)

<過去の御岳ボルダーの山行>
六回目 (2010.3.14) :忍者返し(1級)二手目が取れるが三手目が取れず
五回目(2010.1.31) :忍者返し(1級)二手目が止まりかかる
四回目(2010.1.9) :忍者返し(1級)二手目が取れず
三回目(2009.12.15) :忍者返し(1級)離陸開始、マミ岩中央(4級)、とけたソフトクリーム5級、すべり台6級
二回目(2009.12.6) :忍者返し(1級)次の一手が取れず、マミ岩右(3級)完登
一回目(2009.2.21) :忍者返し(1級)離陸不能、マミ岩中央(4級)二撃など



登山口までの移動・登山記録
自宅から約1時間半で御岳の駐車場に到着。

今日は家族で楽しくハイキングです。
(↑ウソでボルダリングが本命)
駐車場横のトイレ前には大量のハイカーが準備体操。

巻き添えを食らわないように離脱する。
春ですね〜、花が咲いています。



何か知りませんが。
こちらにも花ですよ。



これも、知りませんが。
これは知ってますよ。



シャクナゲです。(多分)
楓橋を渡ります。

息子であるが、一休さんのように「このはしわたるべからず」。

橋のど真ん中を歩いた。(怖いので)
多摩川に沿って歩きます。
これは表紙の写真のラフティングをしている人々。



ちなみに写真の人は漕いでいるだけで、落ちてはいません。
鵜の瀬橋が見えてきました。



息子が「川に下りたい」と騒ぐ。





しょうがないな〜、橋を渡って川に下りるとするか〜。





鵜の瀬橋を渡り・・・
河原に着きましたよ。

好きなだけ遊んでください。
(できるだけ長くね)





・・・で、ここは。





当然、忍者返しの岩です。



落とせるでしょうか?
これは一回目のチャレンジ。

前日の三ツ峠の影響か最初からヨレているし、動画で見た「必殺の左足キック」を試そうと思ったが、出来る次元ではなかった。

あと、数回登ったが全然ダメ。





そして息子もうるさくなり、本日のボルダーは終了。





再び鵜の瀬橋を渡り、川をさかのぼる。



もみじです。
ききょうか、
しょうぶか、
あやめです。
(わからん)
忍者返しの岩に、向こうには御岳小橋。



妻に忍者返しの話をしようとしたら「興味がない」と一蹴される。
御岳小橋付近で昼ごはんとする。

ちなみに、ベンチの約1m前に「ウ○コ」があり、気になってしょうがなかった。
(しかも息子はそこ付近の砂で遊ぼうとするし、「気にしない」と思えば思うほど余計に気になる)
昼ごはんを食べ、河原をぶらぶらする。

ここにはコスプレの人。
息子は釣りをしている人に、まとわりつく。
すると「魚をあげようか?」と言われるが、もって帰る手段がないので、お断りする。
魚は「ヤマメ(だったと思う)」で三匹いました。
息子は釣りをしている人に、さらにまとわりつく。

いい加減迷惑なので、引き離した。





この時、うりうは何をしていたかというと・・・





それはけん玉。



「ボルダリングがダメなら、けん玉があるさ」という感じです。
さらに川のさかのぼります。

御岳小橋を渡る。
先ほどの釣り人が見えます。
今度は杣の小橋が見えてきました。
杣の小橋を渡る。
橋から上流を見る。



ラフティングがスタートしそうです。
息子が「(気分的に)疲れた」というので、「青梅線」に乗せてあげるというと、息子は急に元気が出た。

御嶽駅へ向かう。
ここから河原から離れる。
息子はかなり文句が多かったが、なんとか駅に到着。

本数が少ないので、約20分待つ。
(これだけあれば、目的地である隣の沢井駅まで歩ける)
電車がやってきました。

息子は大喜び。
一駅だけ乗って、沢井駅へやってきました。

無人駅でした。
沢井駅から下った「沢乃井園」は大人気です。

車でなければ寄っていくのですがね。
楓橋を渡り、駐車場に戻ります。
息子が何かを発見。

何でしょう?
それは蛇。

青大将でしょうか?
駐車場に戻りました。

息子は「今日は蛇が見れて本当に楽しかった」と言っている。

この日の結果
<忍者返しの岩>
 忍者返し1級:二手目が取れ三手目が取れず

今回登山で学んだこと
・息子にとっては今日の成果は「蛇」ですか?

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック