×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2014.10.18 〜雲取山(2017m)〜
息子も強くなった

ルートマップ
標高差:1480m

累積標高差:1760m

平面距離(全行程):20.9km

駐車場・登山口:山梨県北都留郡丹波山村鴨沢の駐車場(無料)

標準コースタイム:鴨沢-(0:30)-小袖乗越-(1:45)-堂所-(1:30)-ブナ坂-(0:40)-奥多摩小屋-(0:55)-雲取山-(0:35)-奥多摩小屋-(0:20)-ブナ坂-(0:55)-堂所-(1:20)-小袖乗越-(0:20)-鴨沢

標準コースタイム合計:8:50(往き5:20、帰り3:30)

登山時間:鴨沢-雲取山-鴨沢。7:29、息子と


登山行程
0638鴨沢-1052/1121山頂-1407鴨沢

なぜこの山?
今までトレランで登っていた鴨沢-山頂ピストンだけど、今回は息子と登ります。

<過去の雲取山の山行記録>
5回目(2011.5.2):鴨沢-山頂のピストン(鴨沢→山頂:1時間53分03秒、往復では3時間00分03秒)
4回目(2010.1.31):鴨沢-山頂のピストン(鴨沢→山頂:1時間57分12秒)
3回目(2009.5.19):鴨沢-山頂のピストン(鴨沢→山頂:1時間58分)
2回目(2008.11.22):奥多摩駅-(石尾根)-山頂のピストン
1回目(2007.12.15):後山林道基点-三条の湯-山頂のピストン





登山口までの移動・登山記録
鴨沢の駐車場が地元専用になっていたので、少し東京よりの駐車場にとめてからスタートです。
さて、登り始めます。

最近は標高差1000m以上もは問題ないと考えられるので、ここにしました。
小袖乗越に来ると、多数の車が・・・

鴨沢からは入れずに、山梨側から迂回することでここに来れるらしい。

まあ、ハンディキャップです。
まあ、だらだらと長い登山道で、堂所を通過。
秋でいいですが、いつまでたっても到着しない登山道に息子のテンションが大きく低下。
やっと、気分が変わるブナ坂に到着。

ここからは絶対にテンションが上がる。
実際に息子のテンションもアップ。
いい景色です。
五十人平のヘリポートで奥に山頂を望む。

息子のテンションが上がる。
最後の急登。
登って振り返る。
あと少し。
鴨沢から4時間ちょっとで到着。

強くなったね。
記念撮影。

標識もきれいになっていた。
ここからの景色。

これを見ながら食べる。
さて、長い帰り道を戻りますか。
まあ、帰りは長かったけど、特にトラブルもなく下山。

今回登山で学んだこと
・息子も成長した。

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック