×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010.9.5 〜志賀高原〜
妻がハイキングへ行きたいというので「池めぐりコース」を歩く、
最後は車を取りにいくため蓮池から硯川までヒルクライム

ルートマップ

<前山サマーリフト頂上→大沼池入口のハイキング>
標高差:-240m
累積標高差(登り):240m
累積標高差(下り):483m
平面距離(全行程):8.3km
登山口:前山サマーリフト頂上
下山口:大沼池入口バス停
駐車場:前山サマーリフト(無料)
標準コースタイム(志賀高原パンフレット)
リフト頂上-(1:05)-四十八池-(1:00)-大沼池-(1:30)-大沼池入口、(合計3:35)
登山時間: リフト頂上-大沼池入口バス停。4:33、家族と

<蓮池→前山リフトのヒルクライム>
標高差:210m
累積標高差(登り):270m
平面距離(全行程):5.0km
登山口:長電バス蓮池営業所
下山口:前山サマーリフト
登山時間: 長電バス蓮池営業所-前山サマーリフト。0:29、単独行

登山行程
0913前山サマーリフト頂上-0917渋池-0952/1012四十八池の東屋付近-1104/1247大沼池-1346大沼池入口バス停---1410長電バス蓮池営業所-1439前山サマーリフト



なぜこの山?
前週は北岳バットレスへ行ってきたので、特に山へ行くつもりはなかったが、妻が「暑いので、涼しいところでハイキングがしたいので、小学校の時に数回家族で行った志賀高原の大沼池付近を歩きたい」と言うので、行くことにする。(ここまで身軽なのは、うりう家の特徴)

<過去の志賀高原付近の山行>
草津白根山 (2008.8.9):家族で遊歩道最高地点へ行く
横手山 (2007.5.3):スカイレーターとリフトに乗っただけ
草津白根山 (2007.5.3):湯釜を見ただけ





登山口までの移動・登山記録
自宅を5時前に出発。

5:43、関越道上里SAの吉野家で朝ごはんにする。
息子は、 日光白根山(2010.7.18)の時と同様、どうしようもなく食べるのが遅い。

いい加減「早飯、早グソ」を覚えてもらいたい。
軽井沢ICで下り、草津白根道路を走る。



8:09、写真は本白根山。
草津市街を見下ろす。
湯釜。
快適なドライブ。



横手山も見えてきた。
振り返って、湯釜を撮る。
8:31、日本国道最高地点(標高2172m)を通過。
渋峠から見る横手山。
8:37、のぞきに到着。



このスカイレーターは2007.5.3に乗った。
ここからの景色。



今回は前山リフトに乗る。
前山リフト付近の拡大。
8:51、前山リフトのある硯川に到着。

息子の「遅グソ」に付き合っていたら、ゾロゾロと、どこかの学校の遠足に遭遇。
追い討ちをかけるように、路線バスも到着。
前山リフトに乗るのだが・・・
なんじゃこりゃ。

わずか5分ぐらいの間に、すさまじい列になってしまった。
(この写真で半分ぐらいになったところ)
並んでいると・・・

引率の先生が「お先にどうぞ」と言っていただいて、列をパスすることができた。

リフトに乗る。
熊の湯スキー場。
笠ヶ岳。
9:13、リフト頂上に到着し、ハイキング開始。
学生の長い列をスルーする。

ちなみに「大騒音」です。
湿原の花。
9:17、渋池。
上手く撮ったつもり。
9:33、志賀山方面(左)と平坦な道(右)の分岐。

今回は「ハイキング」なので、志賀山へは行かず。
所々に御覧の熊よけがある。
志賀山が見えた。
その説明。

「・・・渦状溶岩流をもつ火山として有名です。・・・」

初めて聞いた。(どこが有名?)
オーバーユースなのか、御覧の整備がされている。
四十八池が見えてきた。

後から、騒音も聞こえてくる。
9:52、四十八池へ少し入る。



妻は昔、本当に池が四十八あるかどうか数えたらしい。
(結果:途中まで数えて挫折)
息子が「突き落としてやる」と寝ぼけたことをいう。

返り討ちにしてくれる。
とやっている間に・・・

「大名行列(いや、騒音行列)」がやってきて、先に行ってもらうために、東屋付近で休憩にする。
「がんばってるね〜」と、写真の女性に息子はチーズをいただく。

いや、まだほとんど、がんばっていませんが・・・
お茶を美味そうに飲む画。
10:12、静かになったので歩き始める。
水芭蕉の「残骸」。
上手く撮ったつもり。
花。
御覧の鳥居方面へ行くと志賀山へ行ってしまう。

後方面が大沼池。
しばらく等高線沿い歩いたあと、長い下り。
大沼池が見えてきましたね。



妻が「深いブルー」と言ったが、できれば「深い青」か「ディープブルー」の方がいいのでは?
レストハウス「エメラルド大沼」。

さっきは「ディープブルー」であったが・・・
11:04、大沼池に到着。



確かにエメラルドに近い感じもする。
おおはしゃぎの学生の中に息子・妻はどこだ?
うるさいので、離れたところで休憩とする。



息子は砂いじり。
うりうが昼寝をしている時も息子は砂いじり。



学生がいなくなっても、まだやっている。
一時間以上やっていたのはこれ。

なんか島を作ったらしい。
12:47、大沼池を後にする。
途中で撮った大沼池。
12:59、池尻に到着。
ここからの大沼池。
あとは林道歩き。
林道から出る。
振り返る。



右が志賀山、左が赤石山。
13:46、大沼池入口バス停に到着。

ハイシーズンなら、車が置いてある硯川方面への直通バスがあるが、当日はなかったので、長電バス蓮池営業所で乗り換える必要がある。

ここから蓮池までバスに乗ります。(200円)
14時過ぎに長電バス蓮池営業所に到着。

ここから車が置いてある硯川方面のバスは15:10発。





一時間も待つなら、走ったほうが早くないかい?(という発想の人はほとんどいないが・・・)





14:10、という訳で、うりう一人が車を取りに前山リフトへ走る。

最初からきつい登り。
「10%」。(100m進むのに10mの登り)

まさに「ヒルクライム」。
信州大学の自然教育園。

「自然教育」って何でしょう?
上の小池。
三角池。
湿原ぽいものが見えてきた。
田の原湿原。
木戸池。
熊の湯スキー場が見えてきた。
平床大噴泉。
もうすぐ前山リフト。
14:39、前山リフトに到着。

にゃははは、バスより早く着いた。(自己満足)

車で蓮池へ向かう。
妻と息子は、志賀高原ロープウェーの近くにいるという。
蓮池。
妻と息子が歩いてきました。



ここで息子は・・・
岩登りをする。
帰りは上信越道信州中野ICから乗ります(千円高速なので)。

渋滞するので、途中のジャスコで早い夕飯を食べて・・・

渋滞に巻き込まれる。ただ、関越道は中央道よりましです。

今回登山で学んだこと
・学生集団はうるさい

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック