×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2015.10.31 〜妙義山(1103.8m)〜
大学山岳部の山行についていく

ルートマップ

標高差:600m
累積標高差:1500m
平面距離(全行程):12.0km
駐車場・登山口:群馬県富岡市妙義「登山者用駐車場」
標準コースタイム:-
標準コースタイム合計:-
登山時間:駐車場-駐車場。7:10、学生と
登山行程
0903駐車場-1146相馬岳-1443見晴台-1613駐車場



なぜこの山?
母校山岳同好会に同行します。



<過去の妙義山の山行>
なし。





登山口までの移動・登山記録
登山者専用駐車場に停め、登ります。

最初はハイキング気分でした。
最初は妙義神社境内を登る。
これが本殿。
山岳同好会の山行なのでちょこちょこ休みながら登ります。

これは大黒の滝。
第二見晴台からの金鶏山。
これは金洞山。
最高地点の相馬岳には、安全のため、鎖場の少ないタルワキ沢を登ります。
鎖は、これとあと数か所です。
350mぐらい登って稜線に到着。

ここから相馬岳には10分ぐらい。
途中で見えた大岩壁。

途中にレリーフがあったので、登って落ちたクライマーがいるようです。
相馬岳に到着。

日本200名山をおさえました。
金洞山。
西の浅間山方面。
タルワキ沢を再び戻り、中間道を登るのだけど、これが案外の登り。

これは途中の階段。
このような場所も通る。
第四石門近くの見晴台に来ました。
見晴台からは、道を外れることができる。
奥の大砲岩には行けるけど、落ちたら死にます。
振り返り、相馬岳。
見晴台すぐに第四石門。
第四石門から見る大砲岩。

御覧の通り、落ちたら死にます。
右の岩峰は、第一石門。
次に第二石門を通過する。
第二石門を通過すると御覧の「カニの横ばい」。

これも落ちたら死にます。
第一石門を通過して、駐車場に戻りました。

今回登山で学んだこと
・結構疲れた。

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック