×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2014.12.13 〜大楠山(241m)〜
危うく敗退しかかって、転進先がこの山

ルートマップ
標高差:-m
累積標高差:-m
平面距離(全行程):-km
駐車場・登山口:-
標準コースタイム:-
標準コースタイム合計:-
登山時間:安針塚駅-衣笠駅。4:59、家族と
登山行程
0929安針塚駅-1212/1311大楠山-1428衣笠駅

なぜこの山?
当初は安針塚駅から鷹取山を目指して、そこでボルダリングをやるつもりでした。

登山口までの移動・登山記録
京急線の安針塚駅に着きました。

ここから、山伝いに鷹取山を目指します。
この公園には三浦按針の墓があるそうなので行ってみましょう。
これが三浦按針の墓。

左は妻の墓。
ここから登山道が見つからず、さまよっていると、管理人の人が道案内をしてくれるというそうです。

すると、最初に三浦按針について5分間の講義が始まる。
今回は京浜急行のハイキングマップをダウンロードして来たが、その地図をみてもさっぱり分からない。

その人に道案内してもらわなければ絶対わからなかった。

ここから先は一本道と教えてもらい、管理人と別れる。(ありがとうございました)
鉄塔の下をくぐる。

こどもは、こういうものに絡む。
一本道のはずが、とんでもないところへ「下山」。

二週連続の敗退の予感がよぎる。
すると、たまたま通りかかったハイカーの一行が大楠山へ行くというので、ついていくことになりました。
これも分かりにくい道で、ついていくことで大楠山山頂に到着。

偶然にも知り合いともバッタリ。
鷹取山の予定が、なぜか大楠山で記念撮影をすることとなった。

後ろの展望台へ行ってみましょう。
東方面。
南の三浦半島。

景色はよく、ここに来て大正解。
ここで昼ごはん。

このバカがへんなことをしてくる。
帰りはJR衣笠駅方面へ帰ることに。

道路を歩く。
衣笠駅に到着。

案外よかったハイキングでした。

今回登山で学んだこと
・意外な結末でした。

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック