×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010.5.4 〜秋川天王岩クライミング〜
ノーリー5.10b/cをノリで落とそうとしたら、落とせなかった

ノーリー5.10b/c
場所
東京都あきる野市

駐車場・登山口
武蔵五日市駅からバス、または天王岩近くの路肩に駐車・国際マス釣り場の有料駐車場。

登山行程
0900頃/1500頃岩場

参考資料
今回のグレードは「日本100岩場」を参考にしました。

なぜこの山?
最初は二子山中央稜へ行こうとしたが、出発が遅かったため、近場のここでクライミングすることにする。

<過去の秋川天王岩>
7回目(2010.3.27):ドロボーカササギ5.11a:敗退
6回目(2010.2.20):涅槃の風5.10b:RP
5回目(2010.1.23):涅槃の風5.10b:敗退
4回目(2009.11.21):サンコウチョウ5.10a:RP、クラックジョイ5.9:RP
3回目(2009.7.20):サンコウチョウ5.10a:フォール後トップアウト、クラックジョイ5.9:ワンテン
2回目(2009.5.10):つゆしらず5.9:再登、ノーリー5.10b/c:TR×、サンコウチョウ5.10a:×
1回目(2009.5.4):小便小僧5.8+:FL、ちいせみ5.8:FL、つゆしらず5.9:OS
※OS:オンサイト、FL:フラッシュ、RP:レッドポイント、TR:トップロープ

移動や岩場の雰囲気は一回目(2009.5.4)をご覧ください。



登山口までの移動・登山記録
今回は下の岩場定着。



最初にサンコウチョウ5.10aに登る。
再登の動画。

最後の核心部が小さすぎました。
今回はノーリー5.10b/cをターゲット。



最初にヌンチャクを掛けながら、ムーブ確認。



「ノリ」で登れそうです。
四便目(だったと思う)の動画。

ホールドが多すぎて、毎回登り方が変わり、核心部で詰まる。

後でホールドを調べると、全然楽なホールドがあった。
余興の「Extreme Kendama」。

「だからどうした」と言われそうです。

この日の結果
サンコウチョウ5.10a:再登(レッドポイント)
ノーリー5.10b/c★★★:4便、×

今回登山で学んだこと
・ノーリーは「ノリで登る」と思ったが、そうでもなかった。

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック