×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010.3.22 〜武甲山(1295m)〜
息子は標高差770mを登下山した、
家族で一の鳥居→第一展望台は1時間46分(コースタイム2:20)

ルートマップ
標高差:772m
累積標高差:-m
平面距離(全行程):5.3km
駐車場・登山口:埼玉県横瀬町生川一の鳥居
コースタイム:一の鳥居-(2:20)-武甲山-(1:55)-一の鳥居
コースタイム(合計):4:15
登山時間:一の鳥居-第一展望所-一の鳥居。4:14、家族と

登山行程
0857一の鳥居-1002大杉の広場-1040御嶽神社-1043/1142第一展望所-1222大杉の広場-1311一の鳥居

なぜこの山?
毎年恒例になりつつある、夏山登山シーズンの幕開けの「家族で武甲山」がやってきました。今回、小学校入学前の息子には標高差772mを全部登下山してもらうつもりである。

<過去の武甲山の山行>
三回目(2009.5.9): 家族で、息子を半分程度背負って、一の鳥居→第一展望台は1時間49分
二回目(2008.10.25): 単独行、トレイルラン、一の鳥居→第一展望台45分
一回目(2007.10.20): 息子と、息子を全部背負って、一の鳥居→第一展望台2時間06分



登山口までの移動・登山記録
いつものように一般道を走り、武甲山のふもとのコンビニへやってきた。

ここからは削れた武甲山が一望。
一の鳥居の駐車スペースに到着。

早速用意をする。
記念写真。

今回は、息子にはすべて歩いてもらうつもりである。



8:57(一の鳥居出発から0:00)、一の鳥居を出発する。



ここは四丁目(御岳神社は五十二丁目)

出発時に、トレランの二人組が同時に出発したが、最後まで会わなかった。
登山道が崩れたところ。

息子はかなり怖がる。
9:09(0:12)、八丁目を通過。

前回(2009.5.9)は妻が飛ばし過ぎてばてたので、今回はゆっくりめで歩く。
すると、後からオジサンが抜かしそうになるが・・・

そのオジサンがすぐに休憩し、その後は抜かされず。
9:23(0:26)、登山道へ入る。
9:26(0:29)、丸木橋を渡る。

妻と息子は手を着かないと渡れない。
9:31(0:34)、不動滝を通過。
不動滝の横のお地蔵さんにお参り。

息子は演劇で、わらしべ長者の与作役をやった時に、お地蔵さんにお参りをした。
9:33(0:36)、橋を渡る。
9:47(0:50)、二十五丁目を通過。

五十二丁目が御岳神社なので約半分。到着は1時間50分ぐらいでしょうか。(「休まなければ」での話)
9:54(0:57)、ほこらを通過。

標準コースタイムの7割程度で登っています。
10:02(1:05)、大杉の広場を通過。

よく「1時間歩いたら10分休憩」とか言うけれど、「アスリート系登山」を家族にも強制しているので、動けなくなるまでは休憩はなし。
10:17(1:20)、四十丁目を通過。

ここまで来たら、ノンストップで山頂へ行きましょう。
10:22(1:25)、看板を通過。

そろそろ息子も文句を言い始めたが、「あと○丁目だけ」と言って、歩かせる。
ここは四十七丁目ぐらい。

妻も「そろそろ脚が動かなくなった」と言うが、あとちょっとなので歩かせる。
10:34(1:37)、水場を通過。

少しだけ流れていました。
10:40(1:44)、御岳神社を通過。

うりうと息子はここからダッシュ。
あと少しで第一展望所。
10:43(1:46)、1時間46分で第一展望所に到着。

標準コースタイムは2:20なので、75.7%でした。
(家族登山では速いタイムです)
登頂おめでとう。

大変がんばりました。
(休ませなかったので)
本日は景色は良好です。

北方面。
北西方面。
西方面。



望遠で撮る。



北方面。
北北西方面。
北西方面。
北西方面。
第一展望所で昼ごはん。

まだ三月なので少し寒いです。



ここで・・・

一の鳥居で我々の出発を見た初老の夫婦が「抜かそうと思ったが、最後まで抜けなかった」と言う。

しかし、抜かされたら抜き返します。(手を引いてでも)



アリに餌をあげるが・・・

寒いせいか、一匹も現れず。
11:42(2:45)、同じ道を帰ります。
帰りにトイレに寄るが、冬季のため、閉鎖されていました。
大きな杉の木。
12:22(3:25)、大杉の広場を通過。
息子はがんばっています。
舗装路に出ました。

あと、ちょっと。
アユ?のいけす。

こういうのは、疲れていても見る。
13:11(4:14)、全行程4時間14分で一の鳥居に到着。
大変よくがんばりました。

今度はもっと大変な所へ連れて行ってあげます。
息子はビンに入ったアリを持ってきたが、往きも帰りもずっと眺めていた。

もともと、登山には興味はないので。

今回登山で学んだこと
・ちなみに息子は筋肉痛はなし、妻は筋肉痛少しありでした。
・なので、現在は息子の方が体力が上でしょう。

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック